介護リフォームに関する有益な新着情報を発信してまいります

新潟でバリアフリーの施工や住宅リフォームに関する事業を請け負っているTMプランニングが新着情報をお届けしております。お客様が不安なく施工を任せていただけるよう、様々なサービスを専門のスタッフが案内している業者です。
お客様が常に最新の情報を知ることができるように随時更新してまいります。水回りや階段といった住宅リフォーム全般はもちろん、スロープや手すりの設置といった介護リフォームまで承りますので、一度サイトの新着情報をご覧ください。

よくある質問
事前申請に必要な書類を教えてください

工事費見積書(見積書の宛名は要介護・要支援認定を受けているご本人の氏名で作成願います)
・住宅改修が必要な理由書(ケアマネジャーや福祉住環境コーディネーター2級以上の資格がある人に作成を依頼します)
・改修前の住宅の状況が分かる写真(改修後の完成予定の状況が分かるように作成)
・改修の予定状況を記した図面

住宅改修費はいくら支給されますか?

介護保険の住宅改修費の給付対象の支給額は費用の7割~9割です。
給付対象となる費用の上限は20万円となります。ですから最大20万円の7割~9割の14万円~18万円までが支給されます。支給の割合は所得に応じて決まります。
工事の内容によっては上限20万円を超えることがあるかも知れませんが、超えた金額は自己負担となります。
※対象工事費が25万円の時、介護保険の住宅改修費の給付対象となる費用の上限は20万円ですので、1割負担の方は20万円までは1割負担の2万円で、残りの5万円は全額自己負担となりますので、工事で利用者ご本人様が支払う金額は2万円+5万円=7万円となります。

上限の20万円までは、分けて使うことができます。
※例えば1回目工事5万円、2回目工事10万円、3回目工事5万円…という感じで使うこともできます。

事後申請に必要な書類を教えてください

・住宅改修費支給申請書
・居宅サービス計画書(ケアプラン)
・住宅改修費請求書
・住宅改修に要した費用の領収書(宛名は要介護・要支援認定を受けているご本人の氏名で)
・工事費内訳書(介護保険の対象となる工事の種類を明記。各費用などが適切に区分してあるもの)
・完成後の状態を確認できる、日付入りの写真
・住宅の所有者の承諾書(要介護・要支援認定を受けているご本人と住宅の所有者が異なる場合のみ)

介護リフォームや住宅リフォームを希望するお客様へ向けて、実績豊富な業者では、サイトで随時情報を更新しておりますので、ご利用の際は参考にしていただける内容です。健やかに笑顔を浮かべて過ごしていただけるような家づくりを行っておりますが、介護リフォームや住宅リフォーム事業で具体的にどのようなことを行っているのか知られていないのが現状です。
より多くの方へ住まいに関する各種最新情報をお届けできるように努めてまいります。新着情報では実際に行ったリフォームの様子や直近で開かれるショールームのスケジュールといった情報が載っておりますので、どなた様でもお役立ていただけます。今の時代に合ったニーズとサービスを理解して、初めてご利用する方も安心できる情報を掲載してまいりますので、ご用命の際はぜひご活用ください。